冷え性すべての原因を改善する酵素‥

MENU

冷え性すべての原因を改善する酵素

 

冷え症に悩む方は少なくありません。
最近はエアコンも発達し、夏でも室内は冷房が効いている部屋がほとんど。
節電を意識して設定温度を高めにしているところも多いですが、やはり体は冷えてしまうせいか、
1年を通して冷え性に悩む方が多く存在します。

 

冷え性の原因は大きく分けて4つあります。
@ 「ドロドロ血液」 A 「ストレス」 B 「運動不足」 C 「視床下部の異常」

 

では、原因別にご紹介していきましょう。

【ドロドロ血液】

 

 

私たちが生きていく上で必要な消化や吸収、解毒、や排泄をはじめ、ありとあらゆる働きに
酵素が使われています。しかし体内の酵素が不足するとこれらの働きが全て低下してしまう
のです。そのため消化がうまくできなかったり栄養素を吸収する力や解毒する力、老廃物を
排泄する力も弱まり、体内に残ってしまいます。
また酵素が不足することで新陳代謝が悪くなりドロドロの血液になってしまうため、
血液循環が悪くなり、冷え性になってしまうのです。体内の酵素不足を解消することで冷え性も
改善できると言えます。

【ストレス】

 

 

人はストレスを感じると脳からセロトニンという精神を穏やかに安定させる物質が分泌されます。
このセロトニンを作っているのが酵素なのです。
そのため体内の酵素が不足するとセロトニンを生成が低下しストレスを強く感じるようになったり、ストレスがなかなか解消されずそれが続くとうつ病になってしまいます。
またストレスが溜まると血管が収縮され血行不良を起こし冷え性を発症してしまいます。
ストレスを溜めないことは難しいと思いますが、セロトニンを生成する酵素の不足を解消することでストレスも解消され、その結果、冷え性も改善できるのです。

【運動不足】

 

 

運動の中でも特に足を使った運動は、心臓から遠い足の血液をポンプのように送り返す助けに
なりますが、運動が不足しているとこのポンプの助けが足りず血液循環が悪くなり冷え症
なってしまいます。
運動不足を解消することで、新陳代謝が高まりますが体内の酵素を活性化させることで更に
効果的に新陳代謝が高まり、冷え性が解消されます。

【視床下部の異常】

 

 

脳にある視床下部は体温調節や自律神経のコントロール、睡眠、食欲、女性ホルモンの分泌など体を一定の状態に保つ司令塔のような働きをしています。
そのため視床下部と深い関係のある自律神経やホルモンバランスの崩れや睡眠不足などが
起こると視床下部も影響されてしまい、それが原因となり冷え性となってしまうのです。
この、視床下部が影響されてしまう自律神経やホルモンバランスの崩れの原因の一つに体内の酵素不足が関係しています。
体内の酵素不足を改善することで自律神経やホルモンバランスの崩れなどが改善され、
その結果冷え性も改善されるのです。

 

このように、冷え性の原因と酵素は深く関係しています。
また、冷え性の原因は一つだけでなく複数が合併している場合も多く、実際に冷え性の原因を見極めるのはとても難しいと言えます。
そこでどんな原因にも効果をもたらす酵素を毎日摂取することで、体内の酵素を活性化させることが
一番効率の良い冷え性改善策となる訳です。

 

昔と比べると現代人は、食生活の欧米化や加工食品の飲食、ストレスや環境ホルモンなどの有害物質などが原因で体内の酵素を浪費しやすい状況でありながら、その反面、酵素が含まれた生の野菜や果物、生魚や納豆、漬物などの発酵食品を食べる頻度が少ない為、体内の酵素が不足している方が少なくありません。

 

また冷え性は「未病」と言われ、冷え性が慢性化すると動脈硬化や糖尿病、肝臓病や腎臓病などの
リスクが高くなると言われています。こういった重篤な疾患を予防する為にも体内の酵素を活性化させ、冷え性を改善することはとても大切なことなのです。

 

体内の酵素を活性化させるには酵素を摂取する必要がありますが、実際に食生活を改善するのは
一時的には可能であっても継続していくのは困難‥そのため酵素ドリンクが注目されているのです。
酵素ドリンクであれば、毎日の食生活をあまり変えることなく酵素を摂取することができますし、毎日
飲むだけという手軽さから人気を集めています。