生活習慣病を予防する酵素の効果

MENU

生活習慣病を予防するには酵素が不可欠

生活習慣病には酵素が不可欠です

 

体を作っている細胞は全て3週間〜3ケ月サイクルで入れ替わります。
このサイクルを「新陳代謝」と言い、新陳代謝が止まることは生命活動の終わりを
意味します。そして、この新陳代謝を支えているのが酵素です。

 

そのため体内の酵素が不足すると新陳代謝も影響を受けてしまいます。
生活習慣病もその一つであり、「酵素が重要なポイント」だと言っても、
過言ではないのです。なにより、生活習慣病を予防するには酵素が不可欠なのです。


日本人の約3分の2近くの人が生活習慣病が原因で亡くなっている

 

生活習慣病とは、糖尿病や心臓疾患、高血圧や脳疾患、脂質異常症、肥満など‥
習慣の乱れの積み重ねが原因となり引き起こされる病気のことで、驚くことに日本人の
約3分の2近くの人々が、この生活習慣病が原因で亡くなっていると言われています。

酵素不足が生活習慣病の原因

酵素が足りてないことが生活習慣病の原因

 

生活習慣病の原因は、偏った食生活や過度な飲酒、喫煙、運動
不足などの積み重ね‥つまり乱れた生活習慣によるものです。

 

こうした乱れた生活習慣を続けていると、体内の酵素を浪費して
しまい、体内が酵素不足に陥ります。

 

体内の酵素が不足することで解毒力や代謝力、コレステロールや脂肪を分解する力などが低下し、
不健康な体になってしまいます、そのため生活習慣病に掛かりやすくなってしまうという訳なのです。


酵素を毎日摂ることで肥満やメタボリックシンドロームを予防できる

酵素で肥満やメタボリックシンドロームを予防

 

生活習慣病の大きな原因の一つが肥満やメタボリックシンドロームです。

 

肥満やメタボリックシンドロームの方はダイエットを行なうことが基本と
なるのですが、実はその方の多くは酵素不足に陥っています。

 

逆に言えば体内の酵素が不足してしまった結果、解毒力や代謝力が
低下し太りやすく痩せにくい状態になっていると考えて良いでしょう。

 

そのため酵素を積極的に摂り入れながら、バランスの良い食生活や適度な運動を行なうことが、
とても大切になってきます。

 

酵素を毎日摂ることで、体内酵素の働きが活性化するので太りにくく痩せやすい体質へと変わります。
太りにくく痩せやすい体質になれば、過酷なダイエットをしなくてもバランスの良い食生活と適度な運動、
十分な睡眠を心掛けていれば徐々に減量できるのです。

 

そして減量後も酵素を摂り続けることで、肥満やメタボリックシンドロームを予防することができ、
生活習慣病に掛かりにくい健康な体を手に入れることができます。