酵素を飲むタイミングとは‥

MENU

酵素を飲むタイミング

 

ありとあらゆる体調トラブルに有効な酵素ですが、いつ飲むことが理想なのでしょう?

 

酵素の効果を効率的に得られるのは、空腹時である食前に飲むことが鉄則です。

 

胃の中に食べ物が残っている状態で酵素を飲んでしまうと、酵素の有効成分を吸収するのに
時間が掛かってしまい次に食べる食事の消化に間に合わなくなってしまう可能性があるのです。

 

食前である空腹時に酵素を飲むことで、スムーズに酵素が吸収され次に食べる食事の消化も
スムーズになります。

 

また、酵素を飲む回数や量は体調に合わせることが大切です。
基本的に酵素を飲む時間帯や量に決まりはありませんが、各メーカーによって1回に飲む目安が
あります。目的に合わせて酵素を飲むタイミングや回数を調整すると良いでしょう。

 

では、目的に合わせた「飲むタイミング」について紹介していきましょう。

 

生活習慣病予防

 1日2〜3回、空腹である食前に目安量を飲むことをお勧めします。
 1日2回の場合は朝夕の食前に飲むと良いでしょう。

虚弱体質改善

 1日3回、空腹である食前に目安量を飲むことをお勧めします。
 日中は飲めないという方はなるべく夕飯を早めに済ませ、就寝前に飲むと良いでしょう。

ダイエット

 朝食代わりに酵素を飲みましょう。
 お昼までは、水以外のものは口にせず、空腹を感じたら酵素を追加で飲んで下さい。
 また、12時以降の間食や20時以降の水以外の飲食は原則として禁止ですので、空腹を感じ
 たらその都度、酵素を飲むようにしましょう。

冷え性改善

 1日3回、空腹である食前に目安量を飲むと良いでしょう。
 虚弱体質改善同様、日中に飲めない場合は夕飯をなるべく早めに済ませ、就寝前に飲むことを
 お勧めします。

肌のコンディションを整える(美肌)

 1日2〜3回、空腹である食前に目安量を飲むことをお勧めします。
 胃腸トラブルが原因の肌トラブルの場合は、ダイエット同様、朝食代わりに酵素を飲みお昼まで
 は水以外の飲食禁止。空腹時には酵素を追加で飲むようにしましょう。
 20時以降も水以外の飲食はせず、空腹を感じたら酵素を飲むようにして下さい。
 20時から翌12時までの16時間を酵素と水だけで過ごすことで胃腸を休ませることができ、
 肌トラブルも改善します。

便秘、浮腫み解消

 1日2〜3回、空腹である食前に目安量を飲むと良いでしょう。
 便秘が酷い場合は、一度胃腸を休ませる為にダイエット同様、朝食代わりに酵素を飲みお昼
 までは水以外の飲食を禁止します。空腹を感じたら酵素を追加で飲むようにして下さい。
 また、酵素以外にも水を積極的に飲むこともお勧めします。
 20時以降も水以外の飲食はせず、空腹を感じた時は水又は酵素を飲むようにして下さい。

 

目的に合った飲み方を実践されることで、より効果的に酵素の有効成分を活かすことができます。
毎日の酵素の摂取で体内の酵素不足を解消し、体の中から美しく健康になりましょう。